読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イベントに出ましたよ!

2日間連続のイベントに参加しました、2DAYS、なかなかきつい。。。

 

自分たちが主催するという事は、招待するみんなに良い気分で帰ってもらわないといけない、そんな気持ちが準備を過酷なものにするんだね。

 

でも終わった後は達成感であったり、一緒に喜んでくれるみんなの顔をみると本当に幸せな気分になるんだよね、仕事ってそんな一瞬がたまらなくてやっている感じもあるかもしれないよ。

 

そういえば、ビールのあの苦い味、子供の時は全く分からなかったあの味が大人になるとたまらなくおいしく感じるけど、あれってストレスを感じると人は苦いものをとりたくなる習性によるものだそうです。

 

子供にはストレスというものがないようで苦いものは受け付けないとのことですよ、ふ~ん。

 

以前に空腹こそ最高のスパイスであると書いたのだけど、ストレスもそれと同じくらい重要なエッセンスの一つなのかな、興味深いはなしです。

 

て事は、人間最大のストレスは大体死ぬことだと思うのですが、死ぬ寸前が最高の味覚を発揮する時なんじゃないかな、それともそんなのは感じないほど追い詰められているから検証は無理かな、想像は膨らみますな。

 

なんか寒くなってきて、まあ暑い日でも自分には関係ないのですが、結局食べ物だったり飲み物だったりの話になってしまいます。

 

まぁ日々それ以外に楽しみを見いだせないといっても過言ではありませんので仕方ありませんですよ。

 

冬、いや秋の味覚の話をしましょう、かかせないのは牡蠣ですね。

 

生牡蠣ですよ、やはり。

 

フライにしても焼いてもゆでても美味しいのですがやっぱり生です、危険性が高いほどおいしいのですよ。

 

生牡蠣の食べ方はみんなレモンだったり、ポン酢だったりじゃないですか?

 

お教えしましょう、本気で美味しい食べ方を。

 

それはレモンガーリックバターです。

 

まず生牡蠣をレモンに浸からせます、酸っぱいのが苦手な方はかけるだけで良し、私はどぼどぼ皿にいれておいてそこに牡蠣をちゃぽんでです。

 

そして、もう一つ皿を用意、その中にはバターとニンニク、ニンニクはチューブでも良し。

 

電子レンジにかけてバターを溶かす、ニンニクもいい感じに寄り添ってはいガーリックバターの出来上がり。

 

レモンにつけた生牡蠣をガーリックバターにつけていただきます。

 

やってみて、最高だから、本当に美味しいから。

 

やらないとわかりませんからね、以上最高の生牡蠣の食べ方でございました。

 

イベント中は体壊したらいけませんので終わってから楽しみました、みなさんも是非お試しくださいね。